スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ/HAYABUSA

冒頭から宇宙工学関係者にしかわからないような専門用語がびしばしと出てきて、ああだからおたく体質の堤幸彦が監督に選ばれたのか、と納得した私でした。けれども、物事は何であれ突き詰めれば、立派な仕事ができるんです。
1009103_01.jpg

監督 堤幸彦
出演 竹内結子 (水沢恵)
西田敏行 (的場泰弘)
高嶋政宏 (坂上)
佐野史郎 (川渕)
山本耕史 (田嶋)

あの竹内結子が最後まで「美人」に見えないという、素晴らしい役つくりをしていた。その他の人々も、実際のモデルそっくりの役つくりをしていたらしく、この堤さんのこだわりは「20世紀少年」とは違い、成功していると思う。竹内結子はめがねとダサい服装、常におどおどとした目つきと、ぴょんぴょんと跳ねる癖で、金にならない学者志望の20代女性を上手く表現していた。

一番最後に、歴代の日本製衛星がずらりと出てくるのであるが、みんな通信や気象、オーロラ観測や放射線、太陽観測など軍事とは関係ない衛星ばかりで、ペンシル型のロケットが日本の最初の実験ロケットであることさえも、なんだか誇りたくなったのでした。日本ロケットの父、糸川氏が言った言葉、「失敗ではない、成果なのだ」とか、日本の純粋に宇宙の秘密を探る知的活動に誇りを持ちたくなる映画でした。

日本映画には珍しい群像劇と言っていい作品。しかも、データを読むだけではあるが、異常にせりふが多い太った人がほとんど素人のような風貌をしているのも、リアル感があってよかった。「はやぶさ」の成功がなければ、全然注目されない地味で職人的なこういう知的世界を知ることができてよかった。
スポンサーサイト

ワイルド・スピード MEGAMAX

初めて見ました。ヴィン・ディーゼルも初めてかも。マッチョな男はたくさんいるけど、あの渋い声は貴重かもしれないですね。
監督 ジャスティン・リン
出演 ヴィン・ディーゼル (Dominic Toretto)
ポール・ウォーカー (Brian O'Conner)
ジョーダナ・ブリュースター (Mia Toretto)
ドウェイン・ジョンソン (Luke Hobbs)
タイリース・ギブソン (Roman Pearce)


映画の日ということで、今日は二本立てです(10/1)。何も考えなくてもいい映画を一本目には選びました。都合のいいストーリーでもかまわない、スリルがあって、いい女が出て、スカッとして、ちょっとした驚きがあれば。自慢じゃないけど、普通の男が一度は通る「カーマニア」の洗礼を一切受けなかった私なので、そこの面白みは一切ないのだけど、きっとマニアたちは「あの車」に傷がつくんじゃないかと思って、はらはらしていたんでしょうね。

大型ハンマーみたいな「鉄の塊」を引きずりながら、ブラジル・リオの町をカーチェイスするというアイディアはいかにもハリウッドです。一体どんな風にして撮ったんだろう。どう考えても店の一軒や二軒は潰していそうな気がするのだけど。

まあ、そんな映画です。エンド・ロールは最後まで見たほうがいいようです。シリーズを知らない私には??でしたが。

「モテキ」この映画を擁護します

人生においては一度は訪れる「モテキ」(異性にもてる時期)というのはある。だからさえない、サブカルにだけ詳しいおたく的な男が美女四人に急激にもてだして「恋にエロスに人生に煩悶、妄想、奔走する」そんなお話だそうです。
01モテキ

監督 大根仁
出演 森山未來 (藤本幸世)
長澤まさみ (松尾美由紀)
麻生久美子 (枡本留未子)
仲里依紗 (愛)
真木よう子 (唐木素子)


J-POPミュージックや、ツイッターなどのサブカルが次々と出てくるので、お年を召した方には付いて行くには難しいかもしれませんが、私なんかは普通についていけたことに驚き。もっとも、普段普通のツィートして、フォロワー160超えちゃっている私なんで、当然かもしれませんが。あっ、なんかいつもと文体違ってきちゃっていますけど、これ映画被れシチャッタ、ってことで。

‥‥‥いつもの口調に戻ります。単なる現代風俗切り取り映画かと思いきや、最終盤に至ってきちんとした恋愛映画になっていたので、私としては満足です。もちろんあのラストは突発である、という方も知るかもしれません。私はそうは思わない。どこかで、明確な拒否と飛躍は必要なのです。と、既に「モテキ」を通り過ぎた人間として寂しくこの映画を擁護したいと思います(笑)

85年前後に生まれた女優黄金世代の中で、私は長澤まさみは人気に比べては実力は一歩も二歩も遅れていると思っていたのですが、これで一歩近づいたという気がしています。麻生久美子の場合は安定していました。しかし、それにしても可愛そうな役柄でした。仲里依紗は今が成長の時期なのか、ぴったしはまった役柄でした。森山未来は純情なくせに少し毒を持っているこんな役がよく似合います。松山ケンイチと並んで、日本の映画界を背負って立つ有望株かもしれません。真木よう子って、モテキの対象だったの?これだけが脚本的に疑問でした。

「僕たちは世界を変えることができない。」残念男の向井理

基本的に、若いときの旅は、パックツアーではない旅は、若者を「変えることができる」ことがある。

監督 深作健太
出演 向井理 (田中甲太)
松坂桃李 (本田充)
柄本佑 (芝山匡史)
窪田正孝 (矢野雅之)
村川絵梨 (久保かおり)

これは、事実を基にした映画である。しかも、2005年から2006年にかけてのつい最近の話だ。カンボジアに学校を建てようと、郵便局のチラシを見て思いついた医大生が、実際のボランティアサークルの運営の難しさに悩んだり、実際のカンボジアに行って、その現実に打ちのめされたりして次第と「本気」になっていく話。

私も31歳の時に、初めて沖縄に行った。姫ゆり部隊の生き残りの人のお話を聞き、反戦地主の話を聞き、ガマの中にもぐって未だに残っている当時の小瓶や銃弾を拾い、「ああ、ほんとうにあったことなんだ」と思い、そしてそれが沖縄の基地としてそのまま現代につながっていることを知り、その元凶に「安保体制」があることを知り、たぶんそのときから本格的に私は「平和運動」に係わってきたと思う。

旅は若者を変える。

それは真実である。しかし、それを描ききった映画だっただろうか。もうひとつ、ボランティアは「世界を変えることはできない。」けれども、ボランティアは素晴らしい、ということを描いた映画になっただろうか。

残念ながら、ダメだったと思う。

監督がフィクションとドキュメンタリーを融合させようとした意図はわかる。けれども、ポルポルトの行為を見せる博物館で若者たちが俳優であることを忘れて、それぞれの役割を忘れて顔をしかめる場面を撮るべきではなかった。彼等は、一人ひとりどのような人生があって、どのように成長したのか、その瞬間を映像として説得力を持って「演技」させるべきであった。或いは、カンボジアの少年はやはり小学校に通うという風に「演出」させるべきではなかった。ここの場面は、感動なんかいらない。ボランティアの現実をここでこそ、見せるべきであった。

監督はただ、楽をしたかっただけなのだ、と私には思える。言いすぎだろうか。

期待の大型新鋭、向井理であるが、最初から最後まで彼はただ流されたばっかりで、若者としての「意思」が感じられない。終始わざとらしい演技にしか見えなかった。これから主役を張るべきイケメン俳優なのに、本当に残念だ。ずっと距離を保とうと努力している様子が、映像としてわかる柄本祐は流石であった。ほかは全部わざとらしい。唯一の収穫は、自らの意思で二人の男から離れていった女学生の存在感が説得力ある村川絵梨という皮肉。現代は男優が育たない時代なのか。

「アジョシ」

あらすじ
町の片隅で質屋を営む青年テシク。お客以外に訪ねてくるのは、隣の部屋に住む少女ソミだけだ。ダンサーの母親と二人暮らしのソミには“アジョシ(おじさん)”と呼ぶテシクだけが唯一の友だちだった。ある日、ソミが家に帰ると見知らぬ男たちが待っていた。ソミの母親が組織から盗んだ麻薬を取り返しに来たのだ。組織の男たちはソミをさらい、テシクを警察へのおとりにする計画を立てる。しかし、彼らが知らない事があった…。
監督 イ・ジョンボム
出演 ウォンビン (Cha Tae-sik)
キム・セロン (Jeong So-mi)
キム・ヒウォン (Man-seok)
ソン・ヨンチャン
キム・テフン (Kim Chi-gon)


ひとりの殺しのプロが、一人の少女を守るために、闇の組織と戦うというストーリーに「レオン」を思い出した人が多いらしい。しかし、私はあまり関係ないと思う。これは韓国映画では「甘い人生」や「ひまわり」などに続く韓国映画伝統の作劇のひとつなのだと思う。愛する人を守るため、或いは失って怒りを爆発させるという展開は、それまで抑えていたものが一気に弾けるのを見せてひとつの職人芸であった。

しかし、この映画の場合、ウォン・ビンの見せ所を多くしようとしたためか、彼が動き出した後が非常に長い。もちろん映像的にはほとんどダレルことなくそれを描いているのは流石だと思う。一方で、最近の韓国映画にありがちな「目を背けたくなるような」場面も多い。

ウォン・ビンの目の力が最後まで物語っていたので、それを何とか保つことが出来たが、もうここら辺りが限界だろう。ギリギリのところだったのか、失敗作だったのか、私には判断つきかねる。

ただし、最後の場面
「一人で生きていけ。大丈夫だな」
と言われて、健気に肯くキム・セロンの表情を見てしまって、この作品のすべての欠点は忘れてしまった。何度も言っているけど、私、健気に頑張る女の子の話に弱いんです。

ナタリー・ポートマンのようにファン宣言はしないが、彼女のことはずっと気にかけて置きたいと思う。
プロフィール

KUMA0504

Author:KUMA0504
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(11.06.08より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。