スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モールス

元映画は見ていない。けれども大体の「設定」は知っている。元映画の存在をまったく知らなかったらどうだったろうか。それなりに「いい映画」として記憶していたのではないか、と思う。
監督 マット・リーヴス
出演 クロエ・グレース・モレッツ (Abby)
コディ・スミット=マクフィー (Owen)
リチャード・ジェンキンス (The Father)
イライアス・コティーズ (The Policeman)
カーラ・ブオノ (Owen's Mother

主演の二人はよかった。クロエ・グレース・モレッツの存在感は特別だったし、女の子のような男の子のコディ・スミット=マクフィーは見事だった。

この物語がどうして1983年のことのみを描いているのか、その必然性が良く分からなかった。もしかしてオーウェンが40歳になったときのバージョンも創っていたのではないかと勘繰るくらいだ。それとも、レーガンの「善の国アメリカ」が「悪」と闘うという、アメリカ国民にとっては有名な演説を入れたいがためだけにここに時代設定をしたのか。もしそうならば、2001年にブッシュの演説のほうが明確だったのに、と思う。ラストはそれを聞く40歳のオーウェンの姿にすれば、この作品は名作になったかもしれない。

「ポーの一族」のように、歴史の中の彼女の歴史をさらりと創作していたならば、もっと深みが出ただろうに。どうして許しを得ずに中に入ると、血を噴出すのか。その辺りの謎を匂わすだけでも良かった。日本版で誰か作らないだろうか。

この男の子、「マイ・ロード」の息子役である。あのときの彼は、どう見てもシャリーズ・セロンそっくりに描かれていた。あれはたまたま彼が似ていたのだと思っていたのだが、今回は全然セロンの面影はない。あれは映画的な仕掛けだったのだと、今更ながら思ったのでした。

「モールス」という題名はしゃれているようで、全然だ。それほど重要な言葉じゃない。原題の「LET ME IN」が一番よい。でも「レット・ミー・イン」じゃダメなのは明確だ。では「中に入れて」ではイマイチ。第一エロくなってしまう。
プロフィール

Author:KUMA0504
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(11.06.08より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。