スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

127時間

もっと深刻な背景とか、意外な展開とかがあるのかもしれないと思っていたのだが(だって「作品賞」も「主演男優賞」もノミネートしているし、「スラムドッグ&ミリオネア」のスピーディーな展開を覚えていたものだから)、話もテーマも総ては想定内で終わった。手堅い演技と手堅い演出なんだけど、そもそも一人の普通の若者に人生の深遠を見せろ、と思ったほうが無理なのかもしれない。

確かに、ひとはギリギリの極限状態のときに「本当のこと」を知る。それプラス彼には智識と技術があり、四日間の事故で腕が壊死状態になっていて麻酔なしでああいうこともできたという幸運も、最後の体力のあるときに決断したというタイミングもあったのだろう。でも、「その<決断>に、世界が涙し、希望に満ち溢れた」というのはどうもね……。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

127時間 (試写会)

生きる事をあきらめない!公式サイト http://127movie.jp6月18日公開実話の映画化原作: 「奇跡の6日間」(アーロン・ラルストン著)監督: ダニー・ボイル  「スラムドッグ$ミリ

映画「127時間」自分なら同じことが出来るか絶えず問い続ける

「127時間」★★★☆ ジェームズ・フランコ 出演 ダニー・ボイル 監督、 94分 、2011年6月18日, 2010,アメリカ、イギリス,FOX (原作:原題:127HOURS)                 ...

127時間 レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】2003年4月25日金曜日、夜。アーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、週末恒例のロッククライミングに出かける準備をしており、妹のソーニャ・ラルストン(

■映画『127時間』

2008年の米国アカデミー賞にて8部門で賞を独占した『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作『127時間』。 「失神者続出!」とか「劇場で嘔吐する人も!!」などとい

映画『127時間』を観て

11-41.127時間■原題:127Hours■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:94分■字幕翻訳:林完治■鑑賞日:7月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円□監督...

映画:127時間

 そのタイトルからどうしても96時間のようなアクション映画を想像しちゃいますよね。でも全く違います。そんな訳で渋谷のシネクイントで127時間を見てきました。  このシネクイン

127時間

ブログネタ:○○の秋、あなたは何の秋? 参加中 先月はレビューが本当に少なかった。 レビューを書くために映画を見てる気になって 映画を観る気になれなかったのです。 でも

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:KUMA0504
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(11.06.08より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。