スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「奇跡」は世界を変えること

兄は朝起きると先ず雑巾で机の上を拭く。畳の上を乾拭きする。感心だな、と思っていると、彼はこの世界に不満たらたらなのだということが分かってくる。
「わけわからんわ」
火山灰が毎日のように降ってくる鹿児島の町でみんな平気でいられるのが理解できない。前田兄はいつもの笑顔を封印して怒ったような顔を崩さない。

01奇跡

監督 是枝裕和
出演 前田航基 (大迫航一)
前田旺志郎 (木南龍之介)
大塚寧々 (大迫のぞみ)
オダギリジョー (木南健次)
夏川結衣 (有吉恭子)

あらすじ
小学生の兄弟、航一と龍之介は、両親の離婚で、鹿児島と福岡で暮していた。新しい環境にすぐに溶け込んだ弟・龍之介と違い、鹿児島に移り住んだ兄・航一は、現実を受け入れられず、憤る気持ちを持て余していた。ある日、航一は、新しく開通する九州新幹線、「つばめ」と「さくら」の一番列車がすれ違う瞬間を見ると奇跡が起こるという噂を聞く。もう一度、家族で暮したい航一は、弟と友達を誘い“奇跡”を起こす計画を立てる。

この粗筋を見ると、どういう物語になるか見えているような気がする。ところが、是枝監督はそんなありきたりな映画にはしなかった。よくある「奇跡」は映画だから起きることであって、現実ではなかなか起きないことを我々はたぶんサンタクロースマジックを知った頃に悟るのである。彼等は小学高学年だからもちろん現実を知っている。けれども、奇跡を願って学校をずる休みできるぐらいの「夢」を持っている微妙な年頃だ。死んでしまった仔犬は生き返らない。宿題がなくなるようなことは起こらない。でも彼等は願わずにはいられない。

願うことで、行動を起こす。行動に起こすことで、思いがけないことは起きるだろう。例えば、彼らの所持金でまともな処に泊まるのは出来なかった筈だ(どうするつもりだったんだろ)。ところが、そこで「奇跡」は起きる。さらっと描いているので、観客には悟られないほどに。

本来は九州新幹線開業に合わせた映画だった。ところが、新幹線開業は3月12日、その時点でお蔵入りの危険もあったわけだが、内容でたぶんオーケーが出たのではないか。この映画は大震災を予言してはいない。けれども、まるで大震災のためにかかれたかのように思える。

いつも火山灰を浴びながら普通に暮らしている鹿児島の住民は、まるで震災が治まった後復興を成し遂げた東北のように思える。まるで当然のように灰を毎日掃除する児童たちは、未来の日本だ。熊本の駅で駅長が普賢岳を眺めて「あそこで50人の人々が亡くなった。もうこんなことはことは懲り懲りだ」というシーンがある。前田兄のおじいちゃんは「(桜島が)大爆発したら、みんな無くなっちゃうね」と呟く。前田兄は桜島大爆発が家族全員で暮らせるようになる鍵だと思っていただけに、次第とその一言が重くのしかかっていたようだ。奇跡を願うその本の一瞬前に彼は願いごとを変える。

それこそが「奇跡」だった。二重の意味で奇跡だった。子供が、1日にして大人になるという「奇跡」と、今日本に必要なのは未来に生きる子供たちだ、それをまるで予言するかのようにこの時期に作ってしまったという「奇跡」と。

不満だらけのこの「世界」、けれども「世界を変える」ことを選ぶ子供たち。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

奇跡

2011年3月に全線開通した九州新幹線をモチーフに、家族の絆描いたハートフルなドラマです。主演は小学生漫才コンビ“まえだまえだ”の前田航基と前田旺志郎。共演に大塚寧々、...

『奇跡』 | 2011年の最高傑作になるかもです。

『奇跡』というタイトルから、なにやら重そうな映画を想像していました。 ところが全然そんなことはなく、めちゃめちゃ笑えます。 先生役の阿部寛が最高なんです。チョイ役で ...

『奇跡』

□作品オフィシャルサイト 「奇跡」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 前田航基、前田旺志郎、林凌雅、永吉星之介、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、       オダギリジョー...

奇跡・・・・・評価額1700円

九州新幹線の博多・鹿児島中央間が開業する日、「奇跡」が起こる・・・・ そんな噂を信じた子供達の、セカイとジブンを巡る小さな冒険を描いたロードムービー。 ゼロ年代に数々の

奇跡を願って

2日のことですが、映画「奇跡」を鑑賞しました。 読売ホールにて 試写会で見ました 両親が離婚し 母親と祖父母と鹿児島で暮らす兄、父親と福岡で暮らす弟 新しくできる九州新幹線

映画レビュー「奇跡」

公式サイト◆プチレビュー◆“奇跡”を願う子供たちの成長物語の秀作。まえだまえだの2人が自然体で素晴らしい。 【85点】 両親の離婚により、母の実家の鹿児島で暮らす兄・航 ...

『奇跡』・・・愛すべき7人の少年少女たち

衝撃の『空気人形』公開から待つこと2年・・・。『後の日』、『桜の木になろう』といった“短編”を挟んでいよいよ是枝監督の長編映画公開である。例によって例のごとく、是枝つな

奇跡

自転車のベル。コスモスの種。「意味わからん」。

『奇跡』

子供の頃から、大人になるまで、一体いくつの奇跡を信じてきただろう。 奇跡を信じて、叶わず、諦める度に、少しずつおとなになっていったんだなぁ。 映画を観ながら、ジワジワと、

奇跡(2011-061)

8/14奇跡、公開終了 最終日、シネマート六本木で見てきました。 両親の離婚で博多と福岡に別れて暮らすことになった兄弟・大迫航一(前田航基)と 木南龍之介(前田旺志郎)の兄弟...

奇跡

奇跡'11:日本◆監督:是枝裕和「空気人形」「歩いても 歩いても」◆出演:前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣◆STORY◆小学生の兄弟、航一と龍之介は、両親の ...

奇跡

ブログネタ:ダイエットしてる? 参加中 体重が増えて、 しかも増えたっきり落ちません。(-_-) ダイエットをしたいと思うのですが、 炭水化物大好き、甘いもの大好き。 しかも、

奇跡

ブログネタ:ダイエットしてる? 参加中 体重が増えて、 しかも増えたっきり落ちません。(-_-) ダイエットをしたいと思うのですが、 炭水化物大好き、甘いもの大好き。 しかも、

『奇跡』'11・日

あらすじ両親が離婚し、小学6年生の兄は母と祖父母と鹿児島で4年生の弟は父と福岡で暮らしていたが・・・。解説サン・セバスティアン国際映画祭最優秀脚本賞TAMA映画賞最優秀...

『奇跡』'11・日

あらすじ両親が離婚し、小学6年生の兄は母と祖父母と鹿児島で4年生の弟は父と福岡で

コメントの投稿

非公開コメント

No title

TB ありがとうございます。

「奇跡」いい話でした
日本映画らしいというか 流石 是枝監督です。

リバー様

是枝監督の作品は語り過ぎないところが好きです。
しかも甘くない愛に溢れていて、後でじわじわ効いて来る所がいいですね。
コメントありがとうごいます。
またおいでください。
プロフィール

Author:KUMA0504
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(11.06.08より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。