スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリエットからの手紙

「ロミオとジュリエット」の舞台として知られる"愛の街"ヴェローナ、婚約者と事前ハネムーンとしてきたソフィアは仕事人間の彼からほったかされて膨れ気味、そんな折にジュリエットの秘書たちの仕事(ジュリエットの館に残す愛の相談手紙に返事を書くこと。テレビで見たことあるけど、本当にボランティアがやっている)を手伝うことになる。偶然見つけた50年前の叶わなかった恋の手紙に返事を書いたところ、イギリスから当の婦人クレアと孫の青年チャーリーが現れる。ソフィーはクレアとチャーリーと一緒に昔の恋人を探す旅に出る。

01ジュリエットからの手紙

監督 ゲイリー・ウィニック
出演 アマンダ・サイフリッド (Sophie)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (Claire)
ガエル・ガルシア・ベルナル (Victor)
クリストファー・イーガン (Charlie)
フランコ・ネロ (Lorenzo Bartolini)

時間の都合で偶然見た作品なのであるが、先の展開が総て読める王道の恋愛映画であるけど、楽しめた。

仕事と恋とどちらをとるか。
運命を信じるか。
後悔するよりは行動せよ。

と、まあ「王道の恋の鉄則」をイタリア観光と共にテンポ良く見せてくれる。

まあ、男が独りで見るような映画ではなかったけれど、可愛い女性の泣き笑いと、歳をとっても素敵な婦人の上品な笑顔と、出来すぎの青年の決意と、綺麗な風景と、おいしそうな料理と、もうこれはイタリア男の常識なんだろうか絶対女を口説くという生活スタイルとを見ることができて、何故か癒されました。

「what if」という言葉の意味を覚えました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジュリエットからの手紙

イタリアはヴェローナにある「ロミオとジュリエット」のジュリエットの生家では、「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たちの元に世界中から恋愛相談の手紙が届く。そんな中の1通...

映画:ジュリエットからの手紙

 美しいイタリア、純粋なラブストーリーが高評価のジュリエットからの手紙を見てきました。

ジュリエットからの手紙

ジュリエットからの手紙'10:米◆原題:LETTERS TO JULIET◆監督:ゲイリー・ウィニック 「シャーロットのおくりもの」◆出演:アマンダ・サイフリッド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ガエル ...

映画『ジュリエットからの手紙』を観て

11-35.ジュリエットからの手紙■原題:Letters To Juliet■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:105分■鑑賞日:5月15日、ル・シネマ(渋谷)■料金:1,800円□監督:

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

アマンダ好きの私としては彼女の可愛らしさ全開な部分を
ベタなストーリーが増幅してくれているようで気に入ってしま
ったというのがあります(笑)
なんだか気楽に観れてこういう作品もいいかな。この後の
アマンダは『クロエ』とか出てましたから、ギャップが激しくて
戸惑いましたよ^^;

KLY さま

恋愛映画の王道でしたね。
「クロエ」の予告編この前見ました。まるで別人ですね。一ヵ月後くらいに来るのですが、面白そうなので見ようと思っています。
プロフィール

KUMA0504

Author:KUMA0504
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(11.06.08より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。