スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コクリコ坂から

ジブリ映画にしては、あまり客が入っていない。宮崎駿の神通力も薄れかけているという事かもしれない。この映画のシノプスに付いては、珍しく公開されている。宮崎駿が去年の一月に作った企画書に詳しい。

全部紹介すると長いので、私流に抜粋したい。ただし、ネタバレもあるので見たくない人は見ないようにしてもらいたい。私的にはこのようなネタバレはオーケーである。それをどのように描くかどうかが問題である。

宮崎駿の企画のための覚書
(略)
「となりのトトロ」は、1988年に1953年を想定して作られた。TVのない時代である。今日からは57年前の世界となる。
「コクリコ坂から」は、1963年頃、オリンピックの前の年としたい。47年前の横浜が舞台となる。団塊の世代が現代っ子と呼ばれ始めた時代、その世代よりちょっと上の高校生達が主人公である。首都高はまだないが、交通地獄が叫ばれ道も電車もひしめき、公害で海や川は汚れた。1963年は東京都内からカワセミが姿を消し、学級の中で共通するアダ名が消えた時期でもある。貧乏だが希望だけがあった。
(略) 
登校路は、まだ舗装されていない道も残り、オート三輪やらひっかしいだトラックが砂埃(すなぼこり)をあげている。が、ひとたび町へおりると、工事だらけの道路はひしめく車で渋滞し、木製の電柱やら無秩序な看板がひしめき、工場地帯のエントツからは盛大に黒煙、白煙、赤やらみどり(本当だった)の煙が吐き出されている。大公害時代の幕がきっておとされ、一方で細民窟が存在する猛烈な経済成長期にある。横浜の一隅を舞台にすることで下界の有様がふたりの直面する世間となる。その世界を俊と海が道行をする。そこが最後のクライマックスだ。
出生の秘密については、いかにもマンネリな安直なモチーフなので慎重なとりあつかいが必要である。いかにして秘密を知ったか、その時ふたりはどう反応するか。
ふたりはまっすぐに進む。心中もしない、恋もあきらめない。真実を知ろうと、ふたりは自分の脚でたしかめに行く。簡単ではない。そして戦争と戦後の混乱期の中で、ふたりの親達がどう出会い、愛し生きたかを知っていくのだ。昔の船乗り仲間や、特攻隊の戦友達も力になってくれるだろう。彼等は最大の敬意をふたりに払うだろう。
(略)
観客が、自分にもそんな青春があったような気がして来たり、自分もそう生きたいとひかれるような映画になるといいと思う。

監督 宮崎吾朗
出演(声) 長澤まさみ (小松崎海)
岡田准一 (風間俊)
竹下景子 (小松崎花)
石田ゆり子 (北見北斗)
風吹ジュン (小松崎良子)


若干、企画書から脚本段階で変わったところはある(旗の返礼を巡るエピソードなど)。
物語の主人公は実は、一方は坂の上にある下宿屋兼海の実家コクリコ荘であり、一方は取り壊しが学園問題になっている文化部の巣窟カルチェラタンである。映画的興奮はこの二つを行き来することで出来上がる。

宮崎駿ならば、カルチェラタンはもっともっと複雑に収集が着かないほどになっただろう。その意味では堅実な吾郎の起用はよかった。けれども、やっぱり細かい演出はなかった。そこが物足りない。

何度みても発見のあるようなアニメではないと思う。
「上を向いて歩こう」が二度も流れる。

過去を大切にしながら、上を向いて誠実に歩いていこう。もう一度。
高校生ではなく、当時の空気を少しだけでも知っている大人だけに、もしかしたら伝わるメッセージを持った映画なのかもしれない。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コクリコ坂から

1980年に「なかよし」に連載された同名漫画を『ゲド戦記』の宮崎吾朗監督が映画化。企画・脚本を父親の宮崎駿が務めている。60年代に生きる高校生の男女の青春物語だ。主人公...

「コクリコ坂から」 あっさりと描いたメロドラマ

監督 宮崎吾朗

『コクリコ坂から』

□作品オフィシャルサイト 「コクリコ坂から」 □監督 宮崎吾朗□脚本 宮崎 駿□原作 高橋千鶴□キャスト(声) 長澤まさみ(メル:松崎 海)、岡田准一(風間 俊)、竹下景子

映画:コクリコ坂から

 個人的にはゲド戦記が微妙だったので見ようかやめようか迷っていたのですが、ネットでも今回の作品はおもしろい!との評判。と言うことでコクリコ坂からを見てきました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KUMA0504

Author:KUMA0504
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(11.06.08より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。