スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツリー・オブ・ライフ

「わけ分からんかった」「失敗やったな」という呟きがもれ、久し振りに途中退場が続いたパルムドーム受賞作を鑑賞した。

監督 テレンス・マリック
出演 ブラッド・ピット
ショーン・ペン
ジェシカ・チャスティン
フィオナ・ショウ
ハンター・マクケラン

まさか冒頭から弟が死ぬとは思わなかった。

いや、ヨブ記が冒頭から出てくるとは思わなかった。

テレンス・マリックにはもう怖いものなど何も無いのだろう。したいように映像を作る。あらかじめストーリーラインなどは無視する。

冒頭に宇宙から地球誕生、恐竜まで出てきたのは、それなりの「覚悟」を促したと思う。

結局、二時間と少しのあいだ、音楽を聴くように感じ取れ、ということなのだろう。弟が死ぬ理由は最後まで明らかにならなかった。ジャックが抱えている「人生の迷い」もついには明らかにならなかったし、父親や母親の最期も明らかにならなかった。

多かれ少なかれ、父親は理不尽であり、母親はとてつもなく優しい。自らのイメージを喚起しながら、人に訪れる厄災は避けようも無いのだという神父様の言葉を聞きながら、母親の愛の言葉を思い出しながら、父親の今になって思う人生の辛さをかみ締めながら、『生命の木』の繋がりを感じながら、最後の生命が生まれたという渚の場面で思いを馳せるのが正しいのだろう。

遠い古代の水辺で、瀕死の餌の恐竜に向かわずに立ち去った肉食恐竜に幸あれと願う。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ツリー・オブ・ライフ

本年度カンヌ国際映画祭パルムドール授賞作品。現代に生きる主人公が人生の曲がり角にたったとき、子供の頃の家族や兄弟との暮らしを回想する。出演はブラッド・ピット、ショーン・...

『ツリー・オブ・ライフ』

□作品オフィシャルサイト 「ツリー・オブ・ライフ」 □監督・脚本 テレンス・マリック □キャスト ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン■鑑賞日 8月1

『ツリー・オブ・ライフ』(2011) / アメリカ

原題: THE TREE OF LIFE 監督: テレンス・マリック 出演: ブラッド・ピット 、ショーン・ペン 、ジェシカ・チャスティン 、フィオナ・ショウ 、ハンター・マクケラン 公式サイトは

映画「ツリー・オブ・ライフ」善き人であろうと、もがきながら生きている

「ツリー・オブ・ライフ」★★★★ ブラッド・ピット、ショーン・ペン、 ジェシカ・チャスティン出演 テレンス・マリック監督 138分、2011年8月12日より公開, 2010,アメリカ,ウォルト・デ

ツリー・オブ・ライフ

天地創造。生々流転。  

ツリー・オブ・ライフ / THE TREE OF LIFE

ランキングクリックしてね ←please click カンヌ映画祭で、パルムドール受賞 「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督/脚本×ブラッド・ピット×ショーン...

『ツリー・オブ・ライフ』

'11.07.25 『ツリー・オブ・ライフ』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! シネ通かSHOWBIZで紹介された時の映像、大好きな「モルダ

ツリー・オブ・ライフ

 『ツリー・オブ・ライフ』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)『イングロリアス・バスターズ』で快演を披露したブラッド・ピットや『ミルク』のショーン・ペンらが出演

『ツリー・オブ・ライフ』 信仰があれば幸せなのか?

 エデンの園の中央には、二本の木が生えているという。  一つが知恵の樹、もう一つが生命の樹(Tree of Life)である。  『旧約聖書』の『創世記』に登場する生命の樹は、孫悟空が食べ...

「ツリー・オブ・ライフ」感想

 「シン・レッド・ライン」「ニュー・ワールド」で知られる「伝説の監督」テレンス・マリック最新作にして、第64回カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。  ブラッド・ピット×...

「ツリー・オブ・ライフ」感想

 「シン・レッド・ライン」「ニュー・ワールド」で知られる「伝説の監督」テレンス・マリック最新作にして、第64回カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。  ブラッド・ピット×...

いのちを巡る物語〜『ツリー・オブ・ライフ』

 THE TREE OF LIFE  オブライエン家の長男ジャック(ショーン・ペン)は二人の弟とともに、厳格な 父(ブラッド・ピット)と慈愛に満ちた母(ジェシカ・チャスティン)に育てられた

■映画『ツリー・オブ・ライフ』

太古の昔、宇宙の始まりから連綿と続く、いのちの営みを、美しい映像で描き出した唯一無二の映画『ツリー・オブ・ライフ』。 ブラッド・ピットとショーン・ペンという二大俳優が

映画レビュー 「ツリー・オブ・ライフ」

ツリー・オブ・ライフ  原題:The Tree Of Life 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 シン・レッド・ラインのテレンス・マリックが放つ、50年代のアメリカの家族を題材にし

映画『ツリー・オブ・ライフ』を観て

11-53.ツリー・オブ・ライフ■原題:The Tree Of Life■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:138分■鑑賞日:8月27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,80

コメントの投稿

非公開コメント

次男くん

とあるお友達が、「死因はベトナム戦争だったんじゃないの?」と
仰せでした。
確かに年代的にも年齢的にも符合してますね。
パンフ買ってないけどここら辺どうなんでしょう?

わかんないって思っちゃったらそれまでなんですけど、
私の場合は、感情移入するところがかなりあり、ちゃんと入ったように思いました。

rose_chocolat さん

なるほど、それで正解だと思います。
最初手紙がきただけで「不幸」がきたという表情をしたのでオカシイナと思ったのです。
ジャックがどうして弟の死をあんなに後悔しているのかが、イマイチ分らないのです。

私には家族がいないので、頭の中でしかわからないことが多かった。それはやはり仕方ないということなのでしょうね。
プロフィール

KUMA0504

Author:KUMA0504
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(11.06.08より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。