スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「探偵はBARにいる」アレハフェイクダッタノカ

ハードボイルドの定義というのはよく知らない。良く知らないけれども、これは成功していると思う。適当に面白い箴言をちりばめ、生活臭い探偵が、いざというときには案外頼りになったりする。そのさじ加減が難しいが、大泉洋は適当に体を鍛えているところも見せ、適当に人情と女に弱いところも見せる。適役だった。田口夫妻を死なせてしまう経緯もよかった。

監督 橋本一
出演 大泉洋 (探偵)
松田龍平 (高田)
小雪 (沙織)
西田敏行 (霧島)
マギー

札幌ススキノを舞台にした映画は案外と少なく、もう少しハットするような映像が続いたならば、合格を上げてもよかったかもしれない。

致命的な弱点は、
最初の西田敏行の登場の仕方が、悪役に見えてしかなく、いつ「死んでいたと思っていたのにじつは生きていた」になるかどきどきするところと、
近藤京子の正体が見え見えなところである。わずかに吉高由里子がちらっと出てくるので、もしかしたら……と思っていたのであるが、これが結局フェイクだったのね。しかし、何という贅沢な使い方か。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KUMA0504

Author:KUMA0504
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(11.06.08より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。