スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まほろ駅前多田便利軒

所謂「相棒ムービー」である。タイプの違う二人がいろんな課題をこなしていく映画である。多田は便利屋の仕事をきちんと真面目にこなす能力の高い男であるが、なぜか自堕落な生活をしている。居候で居ついたとらえどころのない行天は、ときどき一番適切な行動をする。けんかをしながら、なんとなく補っている。二人とも心に傷を持っている。

都会ではないけれど、田舎でもない。天気予報は良く外れ、流行も一番最後にたどり着く。東京の端にある中くらいの町、まほろ。(ロケ地は町田)そういう設定は、ゆるーいこの映画の基調をなしているようだ。

監督 大森立嗣
出演 瑛太 (多田啓介)
松田龍平 (行天春彦)
片岡礼子 (ルル)
鈴木杏 (ハイシー)
本上まなみ (三峯凪子)

此処に出てくる人物は、多田も行天もそうだけど、少年の由良、不良の山下、麻薬売りの紐を持っていたルル、みんな心に傷を持っているといえば聞こえはいいけれども、情けないやつらばっかりだ。そんなにひきずってどうすんだ、というやつばっかり。そういうやつらが、こんな中くらいの街の中には山のようにいるんだろうな、そいつらに幸せってあるんだろうか。ちょっと、気を許せば彼等は不幸に落ちただろうと思う。少年は麻薬売りの片棒を担いで、とんでもないことになっただうし、山下は殺されたかもしれない。ルルは麻薬付けにされたかもしれない。行天も殺されただろう。多田は犯罪に巻き込まれただろう。それでも彼等は奇跡のように生きている。なんとなく、周りの人間が助けている。人生とは、生きているところとは、そんなもんなんだ、というような映画かもしれない。

けれども彼等は情けない奴らばっかりだ。それだけは、きちんと知っておかないといけない。

演出は、わざとゆるくしているのかもしれないけれども、可もなく不可もない。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『まほろ駅前多田便利軒』

□作品オフィシャルサイト 「まほろ駅前多田便利軒」□監督・脚本 大森立嗣 □原作 三浦しをん□キャスト 瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、大森南朋、

まほろ駅前多田便利軒

監督は大森立嗣、 主演は 瑛太、松田龍平。 監督のお父さんの麿赤兒、 弟の大森南朋も出演です。 片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、 柄本佑、松尾スズキ、高良健吾、 岸部一徳等が共

「まほろ駅前多田便利軒」

近頃出色のバディ・ムービーだな。 「バディ」って何? 相棒。 ああ、「相棒」といえば、そのものズバリ、水谷豊のテレビドラマが有名だけど、「まほろ駅前」の二人組は刑事じゃない...

映画・まほろ駅前多田便利軒

東京郊外のまほろ市 まほろ駅から走って1分、歩いて3分のところにある雑居ビルで便利屋を営む多田・瑛太 ある年の正月、中学時代の同級生、行天・松田龍平が転がり込んでくる 三

まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒'11:日本◆監督:大森立嗣「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「ゲルマニウムの夜」◆出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ◆STORY◆東京郊外のま ...

映画の感想234作の目次(まほろ駅前多田便利軒を追加)

斜視で医者から絶対3D観れない事を宣告された 管理人ヒガシが映画館&テレビなどで鑑賞したの 別館で感想を書いた映画(234作)の記事一覧です あ~か行で鑑賞した映画の感想(

まほろ駅前多田便利軒(感想234作目)

7月15日 まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KUMA0504

Author:KUMA0504
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(11.06.08より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。