スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シャンハイ」或いは「上海の女」

どうも「シャンハイ」のブロガーの評判がよろしくない。曰く「恋愛モノとスパイモノとどっちつかずで終ってしまった」ということらしい。

映画は自分の目で見てみないと私はコメントしない。ということで、見てみた。

004コン・リー

監督 ミカエル・ハフストローム
出演 ジョン・キューザック
コン・リー
チョウ・ユンファ
菊地凛子
渡辺謙


これは日米の騙しあい諜報映画でも、ポールとアンソニーとアンナの三角関係の恋愛モノでもない。愛する父親を失って抗日運動に身を投じたひとりの女の話だ。そうやって見ると、なかなか見ごたえのある映画だったと思う。

アンナの父親はどうやら良心的な知識人だったようだ。4年前の南京事件に批判的な言動をしたのを日本の軍部に目をつけられ、悲惨な死を遂げる。それを見た娘は、一族郎党ともに処分されかかったところを上海の黒幕のアンソニーの妻になることで死を免れる。ところが、聡明なアンナはそれによって、抗日戦線組織の中で重要な役を持つ女に変貌を遂げていた。

日米開戦直前の1941年、アメリカ、ドイツ、日本、そして中国それぞれの思惑が入り乱れる"魔都"上海の混沌とした様子はよく描かれていた。それを分かりにくいと見るか、魅力的だと見るかはまた別の話。

その中で、抗日戦線の女の顔、上海やくざ組織の妻の顔、まだ穢れを知らなかった少女のような顔、冷血な顔、恋する顔、弱々しい顔、ぞくりとする妖艶な顔を使い分け、何にも語っていないのに、このときの一人の女の「運命」を総べて語っていたコン・リーのための映画であった。

映画の題名は無国籍の魔都「シャンハイ」よりもいい題名がある。「上海の女」である。

残念なのは、ポールと手が切れてアンナは上海に残るのだと私は思っていたのだが、なぜか手はつながり彼女は船に乗った。そして、なぜか瀕死の重傷のはずの田中大佐が船の前で待っていた。彼の目的は二人を見つけること以外にはなかったはずだ。けれども、二人を見逃す。これは、あくまでも「絵的」なものだけを求めた脚本であり、いうなればこの作品を土壇場で台無しにしたと思う。アンナは結局直ぐに上海に戻ったのだから、あれは本当に意味がなかった。

モールス

元映画は見ていない。けれども大体の「設定」は知っている。元映画の存在をまったく知らなかったらどうだったろうか。それなりに「いい映画」として記憶していたのではないか、と思う。
監督 マット・リーヴス
出演 クロエ・グレース・モレッツ (Abby)
コディ・スミット=マクフィー (Owen)
リチャード・ジェンキンス (The Father)
イライアス・コティーズ (The Policeman)
カーラ・ブオノ (Owen's Mother

主演の二人はよかった。クロエ・グレース・モレッツの存在感は特別だったし、女の子のような男の子のコディ・スミット=マクフィーは見事だった。

この物語がどうして1983年のことのみを描いているのか、その必然性が良く分からなかった。もしかしてオーウェンが40歳になったときのバージョンも創っていたのではないかと勘繰るくらいだ。それとも、レーガンの「善の国アメリカ」が「悪」と闘うという、アメリカ国民にとっては有名な演説を入れたいがためだけにここに時代設定をしたのか。もしそうならば、2001年にブッシュの演説のほうが明確だったのに、と思う。ラストはそれを聞く40歳のオーウェンの姿にすれば、この作品は名作になったかもしれない。

「ポーの一族」のように、歴史の中の彼女の歴史をさらりと創作していたならば、もっと深みが出ただろうに。どうして許しを得ずに中に入ると、血を噴出すのか。その辺りの謎を匂わすだけでも良かった。日本版で誰か作らないだろうか。

この男の子、「マイ・ロード」の息子役である。あのときの彼は、どう見てもシャリーズ・セロンそっくりに描かれていた。あれはたまたま彼が似ていたのだと思っていたのだが、今回は全然セロンの面影はない。あれは映画的な仕掛けだったのだと、今更ながら思ったのでした。

「モールス」という題名はしゃれているようで、全然だ。それほど重要な言葉じゃない。原題の「LET ME IN」が一番よい。でも「レット・ミー・イン」じゃダメなのは明確だ。では「中に入れて」ではイマイチ。第一エロくなってしまう。

カーズ2

初めて見ました。最近のピクサー見ていないんです。やっぱりアニメは立体じゃ違和感があったので。

監督 ジョン・ラセター
ブラッド・ルイス

でも、車を擬人化するのは魚を擬人化したり、人形を動かしたりするのよりも違和感の無いことに気がつきました。何よりも世界観が広がります。彼等は世界を縦横に動けるので、実際のイタリアやロンドンの景色をそのまま取り込んで活躍することが出来る。これは強みでしょうね。そのときに登場したら絶対に違和感の出てくる『人間』が一切でてこないというのが一番よかったですね。

ただ、「トランスフォーマー」でも感じたのですが、どうしてこんなに目まぐるしく場面転換しなくちゃなんないのか。レース場面は絶対にスピード感を出さなくちゃいけないと思いますが、それ以外のところはもっとゆっくり『説明』や『種明かし』をして欲しい。

ゲーム世代にはこのスピードじゃなくちゃ面白くないのでしょうか。私は会話の『間』や『情緒』をもっと楽しみたい。

よくもまあ、あそこまで描きこんだものです。一体ピクサーの分業体制って、どういう仕組みなんだろ?

「一枚のハガキ」最後のクジは外れじゃなかった

友子さんはいったい何歳なのだろう。時に40歳くらいに、時に23歳くらいに見える。もっと若い女優の芸達者な女性を起用するという手段もあったかもしれない。そうすれば、もっとリアルな芝居が見れる。もっとも相当芸達者じゃないといけないけれども。

1008675_01.jpg
監督・脚本・原作 新藤兼人
出演 豊川悦司
大竹しのぶ
六平直政
大杉漣
柄本明

とつぜん男たちが喧嘩を始めて、にやりと不適に笑える女優で無ければならない。果たして誰が居るだろう。

そもそもリアルであろうとは監督はけっして思っていなかっただろう。

「これが俺の最後のクジじゃ」
最後の監督の作品は、最後のくじで引き当てた妻の音羽信子の面影のある大竹しのぶを存分に活かし、時に狂気を見せ、時に聖母のように一人の女を描ききった。

まるでヒマワリ畑のような麦畑で二人の生活が始まる。見事なラストだと思う。

午前10時の映画祭「風と共に去りぬ」

「風と共に去りぬ」
もうこれで4-5回目くらいの鑑賞だけれども、たぶん大画面で見たのはこれが初めてではないだろうか。なんと一分ほど遅れて行ったらチケットが最後の一枚だっのたので一番前の端から見るはめになった。それだけが心残りであるが、ともかく劇場で見ると全然違う。本物の建物と調度品、そして駅前の負傷者のあの海!!爆撃時のアトランタの人海戦術などの見事なセット、「明日のことは明日考える」という台詞はスカーレットの最初の登場場面で既に為されているなど、見事な脚本、その他発見がたくさんあった。

1400178336風とともに去りぬ

監督
ヴィクター・フレミング
主な出演者
ヴィヴィアン・リー 、 クラーク・ゲイブル 、 レスリー・ハワード 、オリヴィア・デ・ハヴィランド


未だにわからないのは、このスカーレット・オハラは最初から最後まで自己中心的できっと彼女にしたならば振り回されて疲れてしまって、私なら一年も持たないだろうに(^_^;)、どうしてここまで永遠のヒロイン像の座を保つことが出来ているのか。ということだ。

ひとつは彼女の美しさであることは間違いない。最初の登場場面では少女というにはあまりにも成熟した顔がアンバランスで、なかなか馴染めないのであるが、結婚してあっという間に未亡人になり、戦火に塗れる辺りから急激に美しさが際立ってくるのだ。あれはもしかしたら、ヴィヴィアン・リーという新人女優の「成長」自体もこの映画は記録していたのではないか、とさえ思えるのである。

ひとつは常にレット・バトラーの視線から見たスカーレットの半生記という面があるということ。レット・バトラーという男は、スカーレットと同類だと自ら言ってはいるが、一方では自分と世界とスカーレットを冷静に分析できる知性をも持っている。そこがスカーレットとの大きな違いであり、魅力である。おそらく彼女の行動力はレットをも凌駕していたのであろう。美しさもあいまってレットは生涯スカーレットを愛してしまった。その視線から常にこの映画は出来ているのである。彼女の欠点はよく見えるけれどもやっぱり彼女が魅力的に見えてしまうのだ。けれども彼女を御することが出来たのはレットだからであって、前夫同様我々では無理なのだ。

しかし、この映画とて万能ではない。今から見ると、彼女がラストで突然タラという故郷の「土地」への愛に目覚めるというのはやはり強引のような気がする。彼女がタラの地で頑張っていたのは、結局最初と戦後の一時期だけなのである。なぜ彼女が最後に目覚めるのが、製材業やその他「商売」への愛ではいけなかったのか。そこら辺りが説得的ではないのである。

そして、今回発見したのは、この映画は今でこそ名画の中に繰り入れられていて、事実名作なのであるが、一方ではものすごい「メロドラマ」であったということだ。後半の一度ならずも三度か四度のスカーレットとレットとのお互い愛していながらの「気持ちのすれ違い」というのは、今の映画では気恥ずかしくてめったにやらないことだ。ただし、韓国ドラマでは定番である。しかも、スカーレット、レット、メラニー、アシュレの四画関係は、もしかしたら韓国がこの映画をお手本にしているのではないかと思うほどに良く出てくる。

韓国ドラマのルーツは「風と共に去りぬ」だった。
プロフィール

Author:KUMA0504
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(11.06.08より)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。